Tips

電車で地震が来たらどうする?NG行動についても併せて解説

電車に乗っている時に地震が来たら、どのような対応を取ると良いのでしょうか。身の安全を守るために、落ち着いて行動に移すことが大切です。

今回の記事では、電車で地震が来た時の対処法とNG行動、災害の停電時で役立つ非常用電源についてご紹介します。

■電車で地震が来たらどうすると良い?

まず初めに、電車で地震が来た時の対処法についてご紹介します。

◆持っているカバンなどで頭を守る

電車で地震が来たら、上から降ってくる落下物に備えるために、持っているカバンなどで頭を守りましょう。網棚の荷物が滑り落ちるケースが確認できます。

◆安全を確保した上で、その場にいる

電車で地震が来たら、安全を確保した上で、その場にいてください。座れない時は、手すりや吊り革をしっかり掴むようにしてください。電車が緊急停車する場合があります。

■電車で地震が来た時のNG行動

続いて、電車で地震が来た時のNG行動についてご紹介します。

◆周りを見ずに、いち早く電車から降りる

電車で地震が来たら周りを見ずに、いち早く電車から降りるのはNG。人とぶつかったり、転倒したりする恐れがあります。むしろ、電車の中にいる方が安全なケースがあります。

◆線路に立つ

電車で地震が来たら、自分勝手に線路に立つ行為もNGです。とても危険です。乗務員の指示に従った上で避難を行いましょう。

■もしもの時に備えておきたいJackery(ジャクリ)ポータブル電源

地震では停電が起こる可能性があります。電気が使えない生活は不便ですが、そんな時に、あると便利なのがポータブル電源です。これがあると、暗闇の中でライトをつけたり、スマートフォンへの充電や、生活家電へ給電できます。停電が長引く場合でも、ソーラーパネルと組み合わせると太陽光で充電できるので、もしもに備えて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Jackery(ジャクリ)は、「グリーンエネルギーをあらゆる⼈に、あらゆる場所で提供する」というビジョンのもと、防災や車中泊、キャンプ、日常節電で役立つ安全で信頼性の高いポータブル電源とソーラーパネル製品をお届けしております。最大30kWhの超大容量ポータブル電源から965gの軽量モデルまで幅広くラインナップしています。創業して12年間、全世界で販売台数400万台以上業界トップクラスの販売実績を達成でき、長期にわたって幅広いユーザー様に信頼されています。

Jackery公式サイト:https://www.jackery.jp/

■まとめ

電車で地震が来たら、持っているカバンなどで頭を守るようにしましょう。また、停電が起こる可能性があります。もしものためにJackeryポータブル電源があると非常用電源になります。

Piyushi

Blogger By Passion, Programmer By Love and Marketing Beast By Birth.

Related Articles

Leave a Reply

Back to top button